• English
  • Japanese

keio.jp マニュアル

A. 共通認証システムとは

これまではIDとパスワードを必要とするサービスが複数あり、認証の仕組みが それぞれのシステムで異なっていた場合には、利用者はそれぞれのサービスごとに、 毎回IDとパスワードを入力しなくてはなりませんでした。 仮に、塾内で一般的に利用されている教職員番号や学籍番号など、複数のサービスで 同じIDを使っていたとしても、認証の仕組みが個別に存在している限り、 あるひとつのシステムでパスワードの変更を行っても、他のシステムでは変更されません。 つまり、利用者は、サービスの数だけ、IDとパスワード を覚えて使い分ける必要がありました。

これが、共通認証システムを導入することによって、こうした利用者側に発生する不便な点を 解消することができます。利用者は、認証を一回行うだけで、塾内の様々な認証を必要とするサービスを、 何度もIDやパスワードを入れ直すことなく利用することができます。 このように、様々なサービスを利用するための共通認証システムは、 一般的にシングル・サインオン・システムと呼ばれており、 大学や企業など様々な機関ですでに利用されています。

B. keio.jp と 慶應ID について

「keio.jp(ケイオウドットジェイピー)」とは「慶應義塾共通認証システム」の総称です。
「慶應ID」はその共通認証システムにアクセスするための ID です。

keio.jp 「慶應義塾共通認証システム」の総称
慶應ID 「keio.jp」を利用するためのID。メールアドレスの形式となっています。
(例)keiotaro@keio.jp
また、2015年3月以前に取得された場合には、その当時に発行された
(例)keiotaro@○○.keio.jp
の形式の慶應IDでも利用可能です。

「keio.jp」を利用するには、まずはじめに「慶應ID」を入手しなければなりません。
この作業を アクティベーション といいます。

C. keio.jp ログイン画面変更( 2013年12月 7日(土))

2013年12月 7日(土)より、keio.jp のログイン画面が変更となりました。
なお、アカウント(慶應ID、パスワード)は、そのままご利用いただけます。

詳しくは、keio.jp 画面の変更点 をご覧ください。

最終更新日: 2016年3月14日

内容はここまでです。