• English
  • Japanese

名誉教授、名誉教諭の皆様へ(keio.jp関連サービスの利用について)

keio.jpのご利用について

名誉教授、名誉教諭は、在籍中に利用されていた慶應IDを引き続き利用できます。
利用可能なサービスは以下のとおりです。

keio.jp関連の主なサービス利用可否について


サービス名称 利用可否
Google Workspace(慶應メール、ドライブ等(旧 G Suite))
ソフトウェアライセンス取得システム
※ESETのみ利用可
Box
Webex(Web会議システム)
KOSMOS My Library
電子ジャーナル/データベース
教育支援システム ×
授業支援 ×
無線LAN(keiomobile2/eduroam)

なお、名誉教授で非常勤教員になられる方は、非常勤教員として利用できるkeio.jpのサービスが利用できます(教育支援システムや授業支援が利用できます)。

FAQ

Q1.名誉教授、名誉教員は、keio.jpを継続利用するための手続きは必要ですか。
A1.不要です。在職中に使用されていた慶應IDとパスワードでログインして利用ください。

各サービスのお問合せ先

各サービスのお問い合わせは、アプリケーションで案内している主管部署へお願いします。

最終更新日: 2022年4月5日

内容はここまでです。