• English
  • Japanese

例3. 一般的なメーリングリストのグループとして利用する

ここでは、一般的なメーリングリストのように利用するときの設定例を示します。
設定例では、誰でもグループへの投稿を可能とし、グループのコンテンツはメンバーのみが参照可能な状態に設定しています。
また、グループへ投稿されたメッセージに自動的にプレフィックスが付与される設定しています。

設定例

  1. Googleアプリから「グループ」を選択します。



  2. 「マイグループ」をクリックします。



  3. 設定するメーリングリストをクリックします。



  4. 左メニューから「全般」をクリックします。以下の設定を行い、「変更を保存」ボタンをクリックします。



    • グループを表示できるユーザー:グループメンバー
    • グループに参加できるユーザー:招待されたユーザーのみ


    • 外部メンバーを許可する:オン
    • 会話を閲覧できるユーザー:グループメンバー
    • 投稿できるユーザー:ウェブ上のすべてのユーザー
    • メンバー一覧を表示できるユーザー:グループメンバー



  5. 左メニューから「投稿ポリシー」をクリックします。以下の設定を行い、「変更を保存」ボタンをクリックします。

    • コンテンツを管理できるユーザー:グループのマネージャー
    • メタデータを管理できるユーザー:グループのマネージャー
    • グループとして投稿できるユーザー:グループのマネージャー



  6. 左メニューから「メールオプション」をクリックします。以下の設定を行い、「変更を保存」ボタンをクリックします。

    • 件名プレフィックス:
    • [concierge-ml:%d] などのような、[ ] や { } で囲まれた文字列を設定します。「%d」を追加すると、件名にメッセージ番号が入ります。"%"は半角文字として入力してください。



  7. 左メニューから「メンバー管理」をクリックします。以下の設定を行い、「変更を保存」ボタンをクリックします。

    • メンバーの管理:グループのマネージャー
    • 役割の変更:グループのマネージャー



最終更新日: 2020年10月23日

内容はここまでです。