• English
  • Japanese

文章を共有する

ドキュメント文書を共有すると、文章を相手にみせることや、共同編集を行うことができるようになります。 共有には、閲覧だけが可能な「閲覧者」、閲覧、コメント入力可能な「コメント可」、編集もできる「編集者」の3通りがあります。


共有したい文章にチェックを付けて、アイコンをクリックします。

図1 共有する


[ユーザーを追加] に共有したいユーザーのメールアドレスを入力し、[共同編集者] または [閲覧者] (コメント可)または、[閲覧者]を選択して [送信] をクリックします。
(共有設定と同時にメール通知したくない場合、通知のチェックボックスを外すとメール通知されません。)

図2 共有の設定

図2の詳細設定をクリックすると、オーナーの設定など用途によってご利用ください。こちらの画面から送信をクリックしても共有設定することができます。
※通知のチェックを外した場合は、“共通リンク”を共有したいメンバーに周知してください。

図3 共有の設定(詳細設定)



「編集者」とは

  1. ファイルとフォルダを閲覧する
  2. ファイルを他の端末にダウンロード、同期する
  3. ファイルのコピーを作成して Google ドライブに保存する
  4. Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドにコメントや提案を投稿する
  5. ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、Google 図形描画を編集する
  6. 他のユーザーとファイルを共有する、共有を停止する
  7. ファイルをフォルダに追加する、フォルダから削除する
  8. ファイルの版をアップロード、削除する

「コメント可」とは

  1. ファイルとフォルダを閲覧する
  2. ファイルを他の端末にダウンロード、同期する
  3. ファイルのコピーを作成して Google ドライブに保存する
  4. ファイルにコメントや編集の提案を追加する

「閲覧者」とは

  1. ファイルとフォルダを閲覧する
  2. ファイルを他の端末にダウンロード、同期する
  3. ファイルのコピーを作成して Google ドライブに保存する

「詳細設定」

  1. 自分宛にコピーを送信する
    送信されているか履歴として管理したい場合などに設定してください。
  2. アイテムの内容をメールに貼り付ける
    ドキュメントの場合、項目表示されます。Webでドライブ招待メールを確認するとファイルの内容が招待メールに表示されますので、注意してください
  3. 編集者によるアクセス権の変更や新しいユーザーの登録を禁止します。
    他のユーザーによる共有設定の変更を禁止したい場合、設定してください。
  4. コメント権を持つユーザーと閲覧権を持つユーザーのダウンロード、印刷、コピーの機能を無効にします。
    コメント可、閲覧者権限ユーザーのファイルのダウンロード、印刷、コピーを無効にしたい場合、設定してください。


共有した文章の、ステータスが変わり、共有されたことが確認できます。

図4 共有設定の完了

共有相手には、次のような案内メールが送信されます。

図5 案内メール(文章の共有)


引続きご説明をご覧になりたい場合は、フォルダを共有する に進んでください。

他の説明をご覧になりたい場合は、ドライブ利用マニュアル に戻ってください。

最終更新日: 2016年1月6日

内容はここまでです。