• Japanese

慶應義塾大学学認システムで利用可能なサービス一覧

現在、慶應義塾大学学認システムで利用可能なサービスは以下の通りです。それぞれのサービスの概要と、サービスが要求するユーザ属性についてまとめています。

なお、電子ジャーナルやデータベース系のサービスは、別表にしています。

サービス一覧(電子ジャーナル・データベース系除く)

サービス 提供元 概要 ログイン方法 送信属性
学生向けDreamSpark マイクロソフト Visual Studio等、開発者ツールの無償ダウンロード・利用(学生対象) 慶應義塾学認システムでの学生向けDreamSpark利用法を参照。 ePTID
Fshare(ファイル共有システム) 国立情報学研究所 大きなファイルを他のユーザに送ることが可能 トップページに所属機関の選択画面がある。 ePTID
学認連携 Moodle 講習サイト 国立情報学研究所 国立情報学研究所の用意するeラーニングコンテンツ トップページ右上にログインのリンクがある。 組織名、ePTID、権限
FaMCUs 国立情報学研究所 テレビ会議多地点接続サービス(教員・職員対象) トップページに所属機関の選択画面がある。 ePTID、職位
WebELS 国立情報学研究所 オンデマンド学習、多地点遠隔講義、多地点ビデオ会議 トップページに右上にGakunin Loginというログインのリンクがある。 組織名[日本語]、ePTID、職位

サービス一覧(電子ジャーナル・データベース系)

サービス 提供元 概要 ログイン方法 送信属性
CiNII 国立情報学研究所 論文や図書・雑誌などの学術情報を検索 トップページ右上にログインのリンクがある。義塾内からはログイン不要。 組織名[日本語]、ePTID
NII-REO 国立情報学研究所 「電子ジャーナルアーカイブ」と「人文科学系電子コレクション」の検索と閲覧 トップページの「電子ジャーナルアーカイブ」と「人文科学系電子コレクション」のリンクをクリックした後のページ右上に「ログイン」リンクがある。 組織名[日本語]、ePTID
ScienceDirect Elsevier 電子ジャーナル・電子ブックのフルテキストデータベースによる検索、閲覧 画面右上の「Sign In」をクリックし「Other institution login」を選択した画面の中ほどにあるメニューから「Japanese Research and Education (Gakunin)」を選択し、下に現れるリストから「慶應義塾大学」を選択。 権限、ePTID

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、以下のメールアドレスまでお願いいたします。
gakunin-help@itc.keio.ac.jp

最終更新日: 2014年10月16日

内容はここまでです。