• Japanese

個人Web(慶應メールの一機能)データ移行について

ここでは、個人Web(慶應メールの一機能)サービス終了に伴うデータ移行について、説明しています。

個人Web(慶應メールの一機能)サービス終了について

2014年9月30日に[個人Web]サービス終了を予定しています。
※サービスの終了は、「個人Web 機能のみ」となり、慶應メールについては、引き続き、サービスを継続いたします。

サービス終了前後の動作イメージにつきましては、以下の図をご覧ください。

個人Web(慶應メールの一機能) サービス終了前(2014年9月30まで)

個人Web(慶應メールの一機能) サービス終了後(2014/10/1~2017/9/30まで)


個人Webサービスのデータ移行について

慶應メールの個人Webをご利用の方で、サービス終了後も個人Webをご利用されたい方は、慶應メールの個人Webがサービス終了する前に、別の移行先へデータ移行を実施する必要があります。

移行先として、ITCでは、ITCアカウントで利用可能な個人Webサービス(以下、「ITCシステムの個人Web」といいます)※ をご用意しています。

※「ITCシステムの個人Web」の利用はITCアカウントが必要です(教職員の方は別途最寄りのITC窓口で申請が必要になります)。
  「ITCシステムの個人Web」の利用方法は、こちらをご参照ください。
  ウェブページの公開

なお、その他のWebサービスをご利用する場合は、ご自身でお手続き後、データの移行を実施してください。

手順としては、慶應メールの個人Webからデータをダウンロードした後、ITCシステムの個人Web、あるいは、その他のWebサービスへデータをアップロードすることになります。

ITCシステムの個人Webに移行する場合の手順は、「個人Webデータ移行手順」をご参照ください。

慶應メールの個人Web宛てにアクセスがあった場合、2014年9月30日までにURL転送(リダイレクト)設定を行うことでデータ移行先(ITCシステムの個人Web、あるいは、その他のWebサービス)へURLの転送をする事ができます。
※2017年9月30日までURL転送サービスを実施する予定です。


個人Webデータ移行手順

ここでは、慶應メールの個人Webからデータを取り出し(ダウンロード)、ITCシステムの個人Webへアップロードする方法を説明します。

慶應メールの個人Webデータ、ダウンロード

慶應メールの個人Webからデータを、任意のローカルエリア(マイドキュメントなど)に取り出し(ダウンロード)します。

  1. 慶應メールログイン後、“個人Web”→“Uploaderを開く”をクリックします。


  2. 既存コンテンツのデータダウンロード既存のコンテンツを慶應メールの個人Webからダウンロードします。

  3. public_htmlの直下を指定し赤枠のチェックマークをクリックするとすべてのファイル・ディレクトリーが選択されます。
    この状態で青枠のdownloadボタンをクリックするとすべてのファイル・ディレクトリーがdownload.zip形式で、今、お使いのPC上に保存することができます。

ITCシステムの個人へのアップロード

  1. 保存したzipファイルを今お使いのPCで展開(解凍)します。展開(解凍)すると下記のような状態で展開されます。


  2. ITCアカウントのpublic_htmlに対象ファイル・フォルダをアップロードします。作業手順につきましては以下のURLを参照してください。また アップロード注意事項 も必ず参照してください。
    ※zipのままアップロードしてサーバー上でunzipした場合はパーミションを変更する必要がありますのでお勧めできません。


    Windowsアップロード方法

    Webページの公開方法について(Windows)

    MacOSアップロード方法

    Webページの公開方法について(Mac OS)

アップロード注意事項

コンテンツが静的ページだけで、アップロードしたファイル・フォルダのpublic_htmlからの位置が慶應メールの個人Webから変更が無く、画像ファイルやcssなどの指定が相対パスで指定されていれば、アップロードは完了です。データ移行後動作確認に進んでください。
以下は、必要に応じ、ご参照ください。

●慶應メールの個人Webでアクセス制限などを行っていた場合、ITCシステムの個人Webにある .htaccess ファイルを編集します。

  1. login00.user.keio.ac.jp にログインします。
    ログイン方法は、Linux サーバへのログイン方法 をご参照ください。

  2. ホームディレクトリパスを確認します。

    %echo $HOME
    /home/md××/××××
    
  3. ITCシステムの個人Webにある .htaccess ファイル内にある

    AuthUserFile /var/home/www1/○○/○○○○/public_html/.htpasswd  を
    AuthUserFile /home/md×××/××××/public_html/.htpasswd に書き換えます。
            ↑手順2で確認したパス
    

●ITCシステムの個人WebでPHPを使用する場合

PHPのファイルに実行権限(Owner)を付けた上で ITC システムにおける個人ウェブページ公開についてにあるように、

ITCシステムの個人Webではphpはcgiとして動作するため、
ITCシステムの個人Webの .htaccess ファイルに

Options +ExecCGI
AddHandler cgi-script .php

と記述するとともに、 PHPのファイルの先頭に

#!/usr/bin/php-cgi

と追記してください。

データ移行後動作確認

ITCシステムの個人Webの場合、URLは、 http://user.keio.ac.jp/~username/ です。
“username”の箇所(エイリアス名)は、ITCアカウントのユーザーID になります。
(教職員の方で、エイリアス名を別途設定した場合は、そのエイリアス名になります)

※ 移行した各ページがそれぞれ移行先で参照できるかどうか、確認することをお勧めします。

URL転送(リダイレクト)設定の方法

以下の設定をすることで、慶應メールの個人Webにアクセスがあった場合、データ移行先のURLに転送(リダイレクト)することができます。

  1. データ移行が完了し、移行先のURL参照が可能なことを確認します。

  2. 慶應メールの個人Webのホームディレクトリに、以下の記述だけをした .htaccessファイルを作成します。

    RedirectMatch 301 .* http://user.keio.ac.jp/~username/
                 ↑ここは転送先のURLを記述
                 (上記はITCシステムの個人Webの場合の例)
    
  3. 慶應メールの個人WebのURLを参照し、URLの転送が実施されることを確認します。

ページトップへ

最終更新日: 2014年6月26日

内容はここまでです。