• English
  • Japanese

AndroidOS IMAP設定例

はじめに

このマニュアルに掲載されている内容は、次の環境で動作確認を行っています。
機器: ARROWS 202F
OS: Android(ver.4.2.2)
ソフトウェア: メール(標準メールアプリ)
以下の手順を全て実施してください。
メールアドレスにKeio Apps IDを使用する場合も手順2を実施してください。

手順1:新システム(Gmail)での設定

  1. 慶應メール(Gmail)にログインし、右上の歯車のアイコンをクリックします。
  2. [設定]をクリックします。
  3. [メール転送とPOP/IMAP]をクリックします。
  4. [IMAPアクセス]にあるIMAPを有効にする をオンにして[変更を保存]をクリックします。

手順2:Android標準メールアプリでの設定(例:ARROWS 202F)

  1. [メール]アイコンをタップします。
    ※お使いの端末によって、アイコン・画面表示が異なる場合がありますが、設定項目は同じです。
  2. 右下の[メニューボタン] → [設定]をタップします。
    ※メールアカウントが一つも設定されていない場合はこの手順は省略され、手順は項目4からになります。
  3. 右上の[アカウントの追加]をタップします。
  4. [アカウント設定]画面になります。
    設定項目に下記情報を参照して入力します。
    メールアドレス 慶應IDを入力します。
    例(慶應ID):keio-taro@a2.keio.jp
    @マーク以降も含めて入力します。
    ※送信メールアドレスにKeio Apps IDを使用する場合はKeio Apps IDを入力します。
    例(Keio Apps ID):keio-taro@keio.jp
    パスワード メールソフト用パスワードを入力します。
    Keio Apps IDメールソフト用パスワードの確認方法はこちらを確認してください。
    入力が終わりましたら[手動セットアップ]をタップします。
  5. [IMAP]をタップします。
  6. [受信サーバーの設定]画面になります。
    設定項目に下記情報を参照して入力します。
    <受信メールサーバー情報>
    ユーザー名 Keio Apps IDを入力します。
    例:keio-taro@keio.jp
    注意:必ず@マーク以降も含めた状態で入力してください。
    パスワード メールソフト用パスワードを入力します。
    IMAPサーバー imap.gmail.com
    ポート 993
    セキュリティの種類 SSL/TLS
    Keio Apps IDメールソフト用パスワードの確認方法はこちらを確認してください。
    入力が終わりましたら[次へ]をタップします。
  7. [送信サーバーの設定]画面になります。
    設定項目に下記情報を参照して入力します。
    <送信メールサーバー情報>
    SMTPサーバー smtp.gmail.com
    ポート 465
    セキュリティの種類 SSL/TLS
    ユーザー名 Keio Apps IDを入力します。
    例:keio-taro@keio.jp
    注意:必ず@マーク以降も含めた状態で入力してください。
    パスワード メールソフト用パスワードを入力します。
    Keio Apps IDメールソフト用パスワードの確認方法はこちらを確認してください。
    入力が終わりましたら[次へ]をタップします。
  8. 任意で設定を行い、[次へ]ボタンをタップします。
  9. [アカウントの設定が完了しました。]と表示されたら、
    下記の項目を入力し、[次へ]をタップして設定は終了です。
    メールの送受信テストを行ってみてください。
    <アカウント情報入力(例)>
    このアカウントに名前を付ける 任意
    あなたの名前(送信メールに表示されます) 例:Taro Keio
    以上で「3-7. AndroidOS IMAP設定例」の作業は完了です。
    引き続き移行作業を続ける場合は、移行サイトマップへ進んでください。

更新履歴

2014/11/10: 新規作成

最終更新日: 2015年2月3日

内容はここまでです。