• English
  • Japanese

例1. 不特定多数からの問い合せの窓口として利用する

ここでは、問い合せ窓口として、対外的に公開するグループを作成するときの設定例を示します。
設定例では、誰でもグループへの投稿を可能とし、問い合せに対する返信はグループのアドレスからするものとしています。 また、グループのコンテンツはメンバーのみが参照可能な状態に設定しています。

設定例

  1. 新システム(Gmail)のメニューから「グループ」を選択します。



  2. 「マイ グループ」をクリックします。



  3. 設定するメーリングリストの「管理」をクリックします。



  4. 左メニューから「権限」をクリックし、「基本的な権限」をクリックします。



  5. 以下の設定を行い、「保存」ボタンをクリックします。

    • トピックを表示: グループのすべてのメンバー
    • 投稿:一般公開
    • グループに参加:招待されたユーザのみ


  6. 左メニューから「権限」をクリックし、「投稿権限」をクリックします。



  7. 以下の設定を行い、「保存」ボタンをクリックします。

    • グループとして投稿: グループのオーナー、グループのマネージャー※

      ※ すでにその設定になっている場合、この手順は必要ありません。手順8に進んでください



  8. 左メニューから「権限」をクリックし、「アクセス権限」をクリックします。



  9. 以下の設定を行い、「保存」ボタンをクリックします。

    • メンバーを表示: グループのすべてのメンバー
    • メンバーのメールアドレスを表示: グループのすべてのメンバー
    • トピックの表示: グループのすべてのメンバー


メッセージの返信

メッセージの返信は、グループの画面から行います。

  1. 該当メッセージを表示した状態で「返信を投稿する」をクリックします。



  2. 投稿者のプルダウンからグループのアドレスを選択します。 ここで投稿者を変更することで、グループのアドレスから返信することができます。



  3. 投稿者変更後、返信メッセージを入力し、「投稿」をクリックすることで、返信は完了となります。



最終更新日: 2015年2月4日

内容はここまでです。